schunchi_die Gipfel erklimmen

                                                                         写真や情報は、天候やその後の整備の状況により変わっている場合がございますので、最新の情報をヤマレコ等で入手し、自己責任の中でお出かけください。

八ヶ岳(編笠山~権現岳コース)

昔のデータばかりお出ししていた気がしまして、先日来最近のデータもお出しするようにしております。という訳で、今日は、八ヶ岳編笠山権現岳)のコースを記録をご紹介します。

 

まず初めにお断りをしておきます。このコースですが、僕の位置づけとするとトレーニングコースです。ですので、「普通そのコースは選ばんだろ!!」って部分もございますが、その辺はご理解くださいませ。

なにせ、このコース、急傾斜が続きますし、岩稜帯もあります。三点支持で登るところ、もちろんその延長で鎖場もあります。浮石を気をつけながら登っていくところもあれば、ザレ場を注意しながら下る部分もあり、大体の夏山の注意点特性を一つの山でもっているんですよね。そんなで、夏山シーズン初めに登るようにしています。最も今年は、雨ばかりで、夏の初めには登れなかったので今になっているんですけどね。(´Д`;)。

 

ということで、コースのご紹介です。コースは観音平から登って編笠山を経由し、権現岳まで行ってその道を戻るコースです。

図に表すとこんな感じ。

f:id:schunchi2007:20190807035725j:plain

ちなみにヤマレコでもご紹介しています。

www.yamareco.com

 

それでは、はじまりはじまり~(笑)。

まず、駐車場は山と高原の地図によると70台程止められるらしいです。僕はいつも、夜中ころに到着して駐車場を確保し、そのまま車の中で寝て、山に登っています。眠い中の運転辛いんで・・・。(´Д`;)

※ピーク時は4時には満車に。大体は5時には満車になるんですが、この日は日曜日ということもあってか5時でも少しは止められたようです。ただ、下山してみると路駐まで出ていて大変でしたが・・・。

 

というわけで、駐車場の脇から編笠山登山口をまずは雲海を目指して登ります。

f:id:schunchi2007:20190807040659j:plain

駐車場周辺ですが、結構色々と道があってわかりにくいです。図の方ではその辺整理してみましたので、ご確認ください。ただ、申し訳ないですが、もう一箇所の駐車場へは止めたことがないので、想像で描いている部分もあります。あくまでも林道の終点からすぐの駐車場(図ではA駐車場と表現しております)からの歩き方でのご紹介ということでご了承くださいませ。

 

オシラビソの香りが漂う笹原の道を上がっていくと雲海に到着します。この日は流石に木が伸びてきてしまっていて、あまり展望感がありませんでした。一応、昔のものを載せてみます。見ようと思えば富士山も見えていただんですけどね~今はどうなんだろう。

f:id:schunchi2007:20190807042040j:plain

ここまでは最初、緩め、そのうちに少しずつ傾斜が急になってきて標高を稼いでいるっていう感じです。まだまだですけどね。(笑)

ここから押手川を目指しますが、押手川周辺は、道がわかりづらいです。赤やピンクのビニールテープを探しながら歩くのですが、結構探すのが大変な感じです。

f:id:schunchi2007:20190807042426j:plain

そんな感じの押手川。

f:id:schunchi2007:20190807042603j:plain

8月なのにまだシャクナゲが咲いていました。(°д°)。

結果的にここだけでしたけど~。

f:id:schunchi2007:20190807042712j:plain

ここから先が急傾斜エリアです。第1段階と第2段階とありまして、第1段階でハァハァゼイゼイ・・・・。

第2段階でトドメを刺されます。(笑)

f:id:schunchi2007:20190807042905j:plain

第2段階では、背後の景色も良くなってきますので、休憩しながらのがいいですかね。o(^o^)o

f:id:schunchi2007:20190807043128j:plain

昔の写真ですが、富士山も見えます。

f:id:schunchi2007:20190807043651j:plain

そんなで、編笠山へ到着です

f:id:schunchi2007:20190807043251j:plain

f:id:schunchi2007:20190807043742j:plain

f:id:schunchi2007:20190807043836j:plain

f:id:schunchi2007:20190807043935j:plain

山頂で一息ついたら、青年小屋を目指します。

編笠山~青年小屋は最初は急傾斜の樹林帯、その後は岩稜帯に一気に変わります。

f:id:schunchi2007:20190807044234j:plain

岩稜帯はペンキマークのところを歩きます。

f:id:schunchi2007:20190807044456j:plain 

青年小屋に到着~。「遠い飲み屋」の赤提灯がいかしていますo(^o^)o

f:id:schunchi2007:20190807044654j:plain

青年小屋を過ぎると、樹林帯。のろし場(東ギボシ)を過ぎると岩稜帯になり、浮石、鎖場エリアに入っていきます。

f:id:schunchi2007:20190807045036j:plain

f:id:schunchi2007:20190807045210j:plain

f:id:schunchi2007:20190807045258j:plain

 鎖場を越えるとギボシ(西ギボシ)になります。ここには不動明王さんが鎮座しています。景色もいい景色!!

f:id:schunchi2007:20190808035122j:plain

f:id:schunchi2007:20190808035236j:plain

ここまで来れば権現岳はもうすぐです。ただ、この先も少し岩稜帯は続くので注意して歩きましょう。

岩稜帯の道を少し進むと権現小屋。

f:id:schunchi2007:20190808040141j:plain

その先は、赤岳、三ツ頭方向への分岐点となり、三ツ頭方向へ少し進むと権現岳山頂です。権現岳山頂はとにかく狭い。

でも素敵なところです。(笑)。

f:id:schunchi2007:20190808040312j:plain

天気がいいと富士山も見れます(昔の写真ですが・・・)

f:id:schunchi2007:20190808040720j:plain

ルートはこんな感じです。景色もよく、バリエーションに富んだルートのため、歩いていて楽しいです。

だいたい帰りは、青年小屋でラーメン餃子か、かき氷なんかを食べてます。(笑)

f:id:schunchi2007:20190808041031j:plain

f:id:schunchi2007:20190808041108j:plain

おすすめは、かき氷かな。量は少なめですが、ふわふわでさっぱり。

鏡平山荘のかき氷も好きですが、こっちもいいですよo(^o^)o

かき氷でさっぱりしたところで、編笠山を登り返し、山頂へ。

まだまだ登山者は登ってきます。さっきより増えていたかな(笑)。

f:id:schunchi2007:20190808041350j:plain

30分ほどお昼寝をして下山してきました。

 

ちなみに、最後A駐車場への道案内を少し。

雲海を過ぎて、笹道を延々下ると看板が出てきます。

f:id:schunchi2007:20190808041541j:plain

ここを曲がらず、その次を斜め右に入っていきます。

f:id:schunchi2007:20190808041734j:plain

曲がった先にもう一箇所右側に行く分岐もありますがそこはスルーで。

まっすぐ行くと駐車場になります。

多分また来年も行くんだろうな。(笑)。

 

★行った感じ~ 登山時期:2019年8月4日

登山時間:5:15  下山時間:12:35

体力度 ★★★✩✩  満足度 ★★★★✩

もう一回!? ★★★★★  

・バリエーションに富んだルートのため、何度行っても楽しい。

編笠山の上り両方向が一番辛いと思います(笑)。

【注意事項】

・アブが多いので対策が必要

・稜線は、太陽を避けるものがないので、サングラスや

日焼け止めなどの対策を

・岩稜帯のため結構ヘルメットを持ってきている人いました。

 そのうちかぶっている方が半分。残りはキレット越え用かな。

・ストックを使うか、使わないか迷います。あると危険と思えば

 撤収。必要だと思えば出すといった具合にこまめに使い分ける

 ことが大事かと思います。

八ヶ岳(赤岳~硫黄岳)周回コース

初の八ヶ岳は、2012年の夏。赤岳~硫黄岳の周回コースでした。

山の師匠と一緒に行った八ヶ岳です。

f:id:schunchi2007:20190730012135j:plain

ちなみに、初ヤマレコもこの八ヶ岳でしたね。(笑)

www.yamareco.com

さて、最初の八ヶ岳。朝は天気がイマイチで・・・。(´Д`;)

ガスの中での出発となりました。

行者小屋ではカッパの方も結構いました。

f:id:schunchi2007:20190729213105j:plain

 この行者小屋は、八ヶ岳登山のベースキャンプ的な存在。

ここから、阿弥陀岳の方にも行けますし、赤岳にも行ける。

地蔵尾根を登って地蔵ノ頭にあがることもできる。

また、赤岳鉱泉へ行くことも可能と。いろいろなルートの登山者が

立ち寄るポイントです。この日も悪天候にも関わらず、多くの登山者

が休憩をされておりました。

個人的には、なぜか合戦尾根の合戦小屋とかぶるんですよね~~~

 

さて、行者小屋で休憩したあとは文三郎尾根を使って赤岳山頂を目指します。

文三郎尾根、しっかり整備されていて素人の僕にも歩きやすいルートでした。ただ、少し階段は多いのは否めませんね。まぁ、登山ですから。それは仕方ないと思いますが・・・。

f:id:schunchi2007:20190730012811j:plain

これを登りきって稜線を少し歩くと、赤岳山頂です。

f:id:schunchi2007:20190730013027j:plain

f:id:schunchi2007:20190730015054j:plain

この日は、ガスで・・・。見通しほぼゼロ。(´Д`;)。

ちなみに僕は、赤岳山頂で晴れたことがないガス男です(´Д`;)

 

ここからは、稜線歩き。歩いているうちに少しずつですが晴れてきて

阿弥陀、中岳方向が見えてきたり

f:id:schunchi2007:20190730013618j:plain

富士山が見えたりしてきました。

f:id:schunchi2007:20190730013728j:plain

もう少し早くこの景色が見たかった・・・。(´Д`;)

硫黄岳山荘に着く頃にはピーカンに(^_^;)

しかも、ここで休憩していたら、ついウトウト。zzz

師匠も寝てしまったらしく、気が付けば1時間ほどそのまま寝てたみたい。(^_^;)

おかげで顔真っ赤です。(笑)

 

そんな中最後のピーク、硫黄岳を目指します。

f:id:schunchi2007:20190730015458j:plain

硫黄岳周辺では、7つのケルンが登山者をご案内をしてくれます。

ここの爆裂火口は圧巻でした。火山の凄まじさを目で感じさせてくれました。

f:id:schunchi2007:20190730015745j:plain

ここからは、北沢を通って、赤岳山荘へ戻ります。

途中、白い砂の分岐点は、まさしく「白い砂」の分岐点でした。(笑)

f:id:schunchi2007:20190730015928j:plain

赤岳鉱泉で休憩をして、下山です。

f:id:schunchi2007:20190730020029j:plain

下山ルートは、樹林帯を下山する形になりますが、途中からは林道を下る感じとなります。

樹林帯、この時は・・・。ですが、結構倒木がありました。

たまたまかも知れませんが、ちょっと整備が追いついていないのかなって感じました。

北沢に入ると沢の風がとても心地よく。気持ちよく歩けました。

f:id:schunchi2007:20190730021014j:plain

ただ、アブが多くって・・・。

林道ではほぼアブと格闘。車にまで入られて大変だった覚えがあります。

f:id:schunchi2007:20190730021134j:plain

ゲートが出てくれば、美濃戸山荘になります。

赤岳山荘はその先。

赤岳山荘に到着し、無事に下山となりました。

 

よく整備された登山道で景色もよく満足な登山を楽しめました。

いろいろなルートがあるので、色々と今後試してみたいと思います。

 

★行った感じ~ 登山時期:2012年7月15日

登山時間:5:21  下山時間:16:09

体力度 ★★★✩✩  満足度 ★★★★✩

もう一回!? ★★★★★  

・機会があれば行きたいけど、美濃戸口先の林道の運転がねぇ~

かなり難易度高かった。(^_^;)

・鎖場もチョイチョイあって、景色も素晴らしい

・残念ながら赤岳山頂周辺は霧の中。いつか必ずリベンジしたい!!

【注意事項】アブが多いので対策が必要

      稜線は、太陽を避けるものがないので、サングラスや

      日焼け止めなどの対策を

剱岳&立山「2泊3日」今回も別山は霧の中・・・・。

剱岳に行きそびれた山の師匠・・・・。用事があったんですよね。

あれから1年後。その山の師匠が剱に行きたい!!ってことで、もう一回行きました。

この時は、立山縦走もセットで。

コースはこんな感じです。

f:id:schunchi2007:20190725051029j:plain

今回は、初日いい天気。前回の初日雨とは全く違う光景がそこには広がっていました。一気にテンションが上がります!!

f:id:schunchi2007:20190725051816j:plain

今回は、雷鳥荘でお風呂に入って、お昼ご飯を食べてから出発しました。標高が上がるにつれ、これまたガスが・・・(^_^;)。

f:id:schunchi2007:20190725052052j:plain

剱御前小舎、剣沢を経て、この日も剣山荘へ宿泊!!

f:id:schunchi2007:20190725052312j:plain

剣山荘夕飯はこんな感じです。

f:id:schunchi2007:20190725052338j:plain

朝お弁当をもらって、5時前に剱岳へ出発!!

f:id:schunchi2007:20190725052534j:plain

途中で日の出を迎えます。

f:id:schunchi2007:20190725052618j:plain

日の出とともに鎖場開始o(^o^)o

f:id:schunchi2007:20190725052804j:plain

この日も、鎖場を登ったり、

f:id:schunchi2007:20190725053058j:plain

下りたり・・・・。

f:id:schunchi2007:20190725053221j:plain

f:id:schunchi2007:20190725053815j:plain

カニのタテバイでは、この日も少し渋滞が・・・。

f:id:schunchi2007:20190725053339j:plain

ここをクリアーすると、早月尾根の分岐を経て山頂になります。

f:id:schunchi2007:20190725053534j:plain

山頂に到着!!今回もいい天気でした。o(^o^)o

f:id:schunchi2007:20190725053658j:plain

f:id:schunchi2007:20190725053923j:plain

山頂でしばらく北アルプスの峰々を見ながら、休憩し、

f:id:schunchi2007:20190725054030j:plain

いつのものようにカニのヨコバイを経て剣山荘に戻りました。

f:id:schunchi2007:20190725054131j:plain

f:id:schunchi2007:20190725054223j:plain

剣山荘へ戻り、今回は、クロユリのコルを経由して剱御前小舎を目指します。途中雪渓も越えていきます。意外とこのコースきつかった(笑)

f:id:schunchi2007:20190725054413j:plain

剱御前小舎でカレーライスを食べたあとは、別山へ。

f:id:schunchi2007:20190725054604j:plain

なんともまぁ、この日も霧の別山でした。(´Д`;)。
まぁ、気を取り直してこの日の宿泊地である内蔵助山荘を目指します。

真砂岳から分岐で少し離れたところに山荘はありました。

想像していたより綺麗なところでよかったです。

f:id:schunchi2007:20190725054823j:plain

結構、アットホームな山荘で、ゆっくりくつろげました!!

夕食のアジフライも美味しかったです(笑)。

f:id:schunchi2007:20190725054937j:plain

朝は・・・。こんな感じです。

あったかい料理が食べられることに感謝!!

f:id:schunchi2007:20190725055031j:plain

アサイチは、日の出も見れて、比較的良かったんですが、

f:id:schunchi2007:20190725055132j:plain

出発する頃には・・・・。(´Д`;)ガス、雲、霧・・・。

f:id:schunchi2007:20190725055224j:plain

まぁ、いずれにしても、先に進みます。

真砂岳山頂を経て

f:id:schunchi2007:20190725055632j:plain

山荘で親しくなったお姉さんと一緒に途中から行程を進めます。

f:id:schunchi2007:20190725055607j:plain

岩稜帯を登っていくとまずは、富士の折立

f:id:schunchi2007:20190725055831j:plain

続いて大汝。やっぱ、霧の中かぁ~(´Д`;)。

f:id:schunchi2007:20190725203834j:plain

すみません。余りにも霧の中で・・・。ズームしすぎ状態ですね。

大汝には休憩所もございます。疲れた方は、そこで一息入れられますよ。雪で冷やしたドリンクが美味しそうでした。

f:id:schunchi2007:20190725203914j:plain

大汝から雄山を目指します。

そんなこんなで、雄山に到着!!

f:id:schunchi2007:20190725202534j:plain

500円でお祓いをしていただきました。オススメですよ!!

身も引き締まりますo(_ _ )o

雄山でお祓いを済ませた後、一の越まで下ります。

しかしながら、学校登山にはまり、下りるに下りれませんでした。

ただ、自分らは、行程もかなり消化されていた状況ですので問題なかったですが、これから登るって方にはかなりのダメージだったと思います。あと結構急登り。僕らは急降下。

f:id:schunchi2007:20190725202707j:plain

そんなこんなで、一の越から、浄土山を目指します。

その後は、雷鳥も見ながら、室堂へ。

f:id:schunchi2007:20190725203543j:plain

駅手前で、雨が強くなり・・・・。慌てて中へ逃げ込みました。

(´Д`;)。

それでも、ものの100メートル位のダッシュで済みましたので、

御の字ですよね。(笑)。

 

二泊三日、結構天気には悩まされましたが、楽しい縦走でした。素晴らしい景色も見れましたし、楽しい出会いもありました。美味しい空気を吸って、日頃の雑踏を忘れられる時間は貴重なものだなと改めて感じました。

 

★行った感じ~ 登山時期:2011年8月第1週

体力度 ★★★✩✩  満足度 ★★★★✩

もう一回!? ★★★★★  

・機会があれば何回でも行ってもいいかな(笑)

・鎖場も歩きごたえがあるし、景色も素晴らしい

立山縦走にしろ、別山にしろ霧の中。いつか必ずリベンジしたい!!

f:id:schunchi2007:20190725203752j:plain





 

その1ヶ月後・・・・。今度は剱に・・・・。

槍ヶ岳に事務所の皆さんで行ってきた、そのほぼ1ヶ月後・・・。

9月ってことですね・・・・・

今度は、剱岳に少しメンバーを変えて行ってきました。

コースはこんな感じです。

f:id:schunchi2007:20190722050957j:plain

室堂までは、立山黒部アルペンルートを使って到着!!

ちょうど、紅葉の繁忙期で、人が多いのに僕らは大荷物って感じでなかなか心苦しい感じでした・・・。(^_^;)

結構、バスは一人一座席なのでいいんですが、ケーブルカー、ロープウェイが狭いからね。ただ、荷物はさすがに減らせないし、仕方ないですよね。

 

そんなで、室堂に到着!!ここからは地獄谷を抜けていきます。

結構、あちらこちらで吹き出している。当時は、時間によって立ち入り制限が掛かっている箇所がありましたが、最近は、終日進入禁止になっているようですね。ちょっとその辺昔と違う感じ。

上の地図もそんなで、実は現在通れるルートで記載してあります。

o(_ _ )o

 

地獄谷を抜けると雷鳥沢のテン場。結構整備されていて、使いやすそうな感じでした。雷鳥荘に温泉もあるしね。他にも宿泊者以外でも温泉に入れる場所はあるようですし・・・。

 

ということで、テン場を抜けると賽の河原。賽の河原の橋を渡り、雷鳥沢を登る頃には、ガスだか、霧雨だかわからない感じに。とうとう、カッパ、レインカバーなどの雨対策をしながら、急登を登りました。

 

登りきったところが別山乗越。剱御前小舎があります。

ここから、別山を目指しました。

別山山頂は、まったくもってのガスガス(^_^;)。

早々に先を進めます。

f:id:schunchi2007:20190722052700j:plain

剱御前小舎へ戻る途中に剣沢へ下りられる道があります。

今回はここを下りました。

その下りが、「まぁ、えげつない。(^_^;)」

かなりな傾斜で、「絶対ここは登りたくないな!!」って感じでした。ほぼ直登的になっちゃうんで、このルートを登りで使う方は、覚悟が必要な感じですね。(笑)。

 

この下りを下りきったところに、剣沢があります。まずはテン場。しばらく行くと小屋になります。

テン場のところには、パトロールの派出所があり、期間によってでしょうが診療所も併設されておりました。こういう方に僕らは支えられているんだなって改めて感じました。感謝!!o(_ _ )o

 

ここで、テン泊組2名とわかります。僕ともうひとりはもう少し先の剣山荘を予約したので、もう少し進みました。

 

このへんのアップダウンは、そこまで厳しくないです。なんとなく歩いていると、剣山荘が近づいてきて、到着!!といった感じでした。

 

剣山荘で受付を行い、自分の寝る場所を確保して、少し休憩、友人と駄話していました。この山小屋、シャワーがあるので、シャワーを浴びさせてもらいました。やっぱ、シャワーがあると助かりますね。かな~り体が楽になりました。その後、夕食を食べて、翌日に備え早めに就寝します。

 

翌日は、朝4時頃からガタガタと動き出しました。

この日はいい天気な感じo(^o^)o

剣山荘から見た星空、とっても綺麗だったなぁ~。

そんなのを見ながら、テント泊組の到着を待ちます。

テント泊組が到着したところで僕らが合流。

僕らの剱岳アタックが始まりました。

 

このルートは鎖場の宝庫(笑)。多分20箇所近くある気がする。

f:id:schunchi2007:20190724190635j:plain

いろいろなパターンがあるので注意して通過していきました。

途中、一服を過ぎたあたりから、浮き石が結構で出して、

f:id:schunchi2007:20190724190556j:plain

前剱周辺は浮石だらけ。(^_^;)。石をズリ落とさないように注意をはらいながら歩きます。前剱を過ぎると鎖場は一層えげつない感じになり、カニのタテバイで結構な渋滞となっていました。

 

カニのタテバイを過ぎ、早月尾根の分岐を過ぎると山頂はもうすぐ。

f:id:schunchi2007:20190722054550j:plain

立山の素晴らしい景色がそこには広がっていました。

f:id:schunchi2007:20190722054504j:plain

f:id:schunchi2007:20190722054439j:plain

f:id:schunchi2007:20190724190728j:plain

山頂で休憩し、帰路もカニのヨコバイなどの鎖場を通って

剣山荘へ戻りました。

f:id:schunchi2007:20190724191302j:plain

そのあとは、来た道を室堂へ戻って行程終了!!

f:id:schunchi2007:20190722054900j:plain

みくりが池がとっても綺麗で、いいところだなぁ~って

肌で感じました。

f:id:schunchi2007:20190722054843j:plain

帰りのアルペンルートも混んでいたことは言うまでもありません。(笑)

 

こんな感じの初立山!!でした。

なお、立山は翌年もう一度行っています。(今度は2泊3日)

こちらもレビューを載せる予定でおります。

 

★行った感じ~ 登山時期:2010年9月第1週

体力度 ★★★✩✩  満足度 ★★★★✩

もう一回!? ★★★★★  

・機会があれば何回でも行ってもいいかな(笑)

・鎖場も歩きごたえがあるし、景色も素晴らしい

初めてのアルプスは表銀座でした!!

それまで、仕事柄天城山系はよく歩いていましたが、異動で山の管理から離れたのを機に登った初めての「天城山でないところ」が槍ヶ岳表銀座コース(東鎌尾根)でした。

出かけたのは2010年8月。もう9年になるんですね。

僕も年を取るわけだぁ~

 

コースはこんな感じかな。

f:id:schunchi2007:20190721190220j:plain

 

 北アルプス三大急登の一つである合戦尾根をいきなり上がるので、どうなることかと思いましたが、スタートということもあり、意外と登れました。

 

燕山荘でザックをデポし、燕岳へ。途中イルカ岩やめがね岩などを見ながら、コマクサの咲く登山道を歩き山頂を目指しました。荷物を燕山荘に置き、軽荷で行けたのは助かりました。ほっ。

f:id:schunchi2007:20190721071802j:plain

 

燕岳から大天荘間は、登ったり、下りたり。大下りの頭からは一気にくだり、そこから登ったり下りたりして、だんだん標高を上げていく感じでした。

 

そんなで大天荘に到着!!

本日の宿泊先です。初山小屋!!(笑)

受付を済ませ、自分の寝る場所を確保して、大天井岳に向かいました。大天井岳は、燕岳よりも山荘と山頂が近く、さくっと登れるお手頃感が良いですね。また、夕食もいいし、朝は晴れれば日の出がとっても素敵ですし、初の山小屋であまり寝れなかったけど、印象深い山小屋となりました。

f:id:schunchi2007:20190721071837j:plain

 

朝食のお弁当を持って、先を進めます。

大天荘から西岳はお花や景色など見所が多く、楽しく歩くことができました。西岳先の鎖場やはしごはちょっとえげつない感じがしましたが、まぁアルプスだからね。水俣乗越から先は、ガンガン槍ヶ岳に向かって登って行きます。なかなかな光景の所を登っていくので、大変だけど、気持ちよく登ることができました!!

f:id:schunchi2007:20190721071735j:plain

 

標高が2700mを越えたあたりから、少し息が苦しい感じもあったけど、問題なく、2泊目の宿泊先であるヒュッテ大槍に到着しました。

 

ヒュッテ大槍で受付を済ませ、自分の寝場所をまた確保し、軽荷で槍ヶ岳を目指します。ヒュッテ大槍から槍ヶ岳山荘が結構な距離あって、ちょっと大変だったけど、槍ヶ岳という目印が随所で見えるので頑張って登ることができました。

f:id:schunchi2007:20190721071932j:plain

槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳は大渋滞。みなさん、声を掛け合いながら登っていました。特に下り。上りは登りたいので鎖場を頑張って登ってるんだけど、鎖場の高度感で「なんとか登ったけど下れない」方が続出していて大渋滞。

色々と考えさせられた区間でした。

 

ヒュッテ大槍に戻り、夕食を食べて就寝。この日は良く眠れました。

夜中雨が降っていたようだけど、朝には上がり、霧も少しずつ晴れ出した頃合いで上高地へ向けて出発をしました。

 

最初は雪渓を渡ったり、雪渓の脇を通るルート。雪が融け出し小川になるさまが随所で見られました。横尾から先、どんどん傾斜はゆるくなり、徳沢辺りまで来ると、自然観察道となり、人の往来も増えてきた感じでした。明神池から先はザックから出ているストリーマーのホースを観光客の皆さん興味津々らしく、結構ホースが出てる、ホースが出てる言われました。(^_^;)。アウェー感半端ない。

 

上高地に到着するとバスを待ちます。結構混んでいて、バス待ちだけでも疲れちゃいました。

(実はこの時のバス待ち感がトラウマになっていて、それから上高地を経由するルートを設定していません(笑))

→ということで、穂高系に全く行っていない状況でございます。o(_ _ )o。

 

これが僕の初アルプス。これからいろいろな所行ったなぁ~。その辺のお話をこれから書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします~o(_ _ )o

 

★行った感じ~

体力度 ★★★✩✩  満足度 ★★★★✩

もう一回!? ★★★★✩  

・あと1回くらいなら行ってもいいかな(笑)

・蝶もしくは常念あたりから槍を目指してみたいo(^o^)o